借入 低金利

借入をするのならば低金利

借入をするのならば低金利

借入をするのならば低金利で行うことが賢明です。
基本的に、キャッシングのサービスでは金利がものすごく低く
なっているということを知っておいて損はありません。

キャッシングは少額融資のサービスですので、本来の大口の融資ならば
適用されない法律が適用されるようになっているのです。

これは金利に関する法律も例外ではなく、
だからこそ低金利になっていると言えます。
借入をするときには低金利で行うことが一番ですが、
何よりも法律上で必要以上に金利に設定することが出来ない
ということを知っておかなくてはいけません。
この法律の事を利息制限法と言います。

利息制限法で上限金利が決められている。

借入の際に低金利になっているのは、利息制限法に融資に関する
利息の上限が明記されているからです。
利息は元金に対して反比例するように下げていかなくてはいけませんので、
融資の元金が大きくなればなるほど設定する金利の範囲は小さくして
いかなくてはいけないという制限が存在します。

これは具体的に規定されており、
例えば10万未満の融資ならば20%の利息を請求することができますが、
10万円以上の融資ならば18%までの利息しか請求できません。

このように、融資の元金に従って利息の範囲が限定的になるようになっており、
これは利息の範囲を決定することができる金融機関であっても
覆すことができません。
ですので、安心してお金を借りることが出来るのです。

金利は利息制限法の元でキャッシング会社毎に決められている

そして、利息制限法で下限の制限が存在しませんので、
サービスとして金利をものすごく低く設定することも出来るのです。
キャッシング会社の金利が低金利になっているのは、
法律によって上限が決められていることと、
下限の設定に限界がないからに他なりません。
下限を下げれば消費者もお金を借りやすくなりますので、
低金利にすることによってより多くの顧客を獲得することができます。
このようにして他のサービスとは差別化している会社も存在しますので、
より良いサービスを見つけて利用しなくてはいけません。
金利は大体わかりますから計画的な返済をしたいときはシュミレーションを試しましょうで説明している通り、借入額と金利で返済の計画をうまく立てておくことが大事です。

COPYRIGHT© 2014 借入をするのならば低金利 ALL RIGHTS RESERVED.